ハイジニーナ脱毛の施術

ハイジニーナ脱毛の施術が受けられないケースについて調べてみました。

まず、施術の直前に毛抜きやワックスで脱毛をした場合にはレーザー脱毛の効果がないので施術はできないそうです。

毛根を残しておかないとレーザー脱毛は意味がないということですね。

シェービングはOKです。

日焼けした直後もNGだそうです。

これはレーザーが黒い色素に反応するものであるためです。

肌トラブルが起きやすくなるのを防ぐためでもあると思います。

ハイジニーナ脱毛をするときに重要なのが、Vラインのデザインです。

ただ毛が生えている範囲を狭くするといっても、楕円形、Iの字、三角形など、いろいろなデザインがあります。

脱毛を始めると、毛なんて全然ないほうがいい!という気分になることもありますが、脱毛を完了するともう二度と生えてこないと思ったほうがいいので、アンダーヘアはいきなり完全になくすことはしないほうがいいと思います。

できるだけナチュラルにしたいという人には、今生えている形をそのまま縮小したようなデザインが人気のようです。

最初にデザインを決めてから、そのラインに沿って紙ショーツをずらして脱毛していくので、はじめは恥ずかしいかもしれませんが、数回通ってキレイに毛がなくなってきたら、とてもうれしくなりそうですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ